お金がない、欲しい! お金を貯める、借りる、投資する!

お金が無い!欲しい!貯める!稼ぐ!借りる!

【お金に関する知識】

ホーム

月に10万円ほど貯金できるちょっとした貯金の方法


nayamu_002

財布の中は常に2,000円

私のちょっとした貯金のコツは、お小遣いやバイトで稼いだお金は、

 

すぐに貯金の口座に入れて自分の財布の中には常に2,000円だけ入れて置く事です。

 

財布の中にお金があると、ついつい外食や買い物などにお金を使ってしまいます。

 

ですから一か月の中で財布に入れておくお金は、2,000円だけにしておき

 

余計な出費をしないことでお金を貯めるようにしています。

 

祖母譲りの秘密の500円貯金箱

また、私の机の上には500円貯金箱というものを作っています。

 

買い物をした際にお釣りの中に500円玉が含まれていたときは無条件にその貯金箱に入れています。

 

これは私の祖母が最初に始めました。

 

最初は500円をコツコツ貯めてもそこまで貯まらないだろうと思っていました。

 

しかし祖母はカメラのフィルムケース一つで2万円ほどのお金を貯めていたのを見て、

 

私もやってみようと思い始めました。

 

今では家族の分を合わせて10万ほど貯まりました。

 

買ったつもり貯金

他には買ったつもり貯金という、昔見た某アニメの方法を使用しています。

 

どのような方法かというと例えば、夏の暑い日にアイスクリームが食べたいと思っても

 

アイスクリームを買わずに、その分のお金を貯金箱に入れます。

 

そうすることで余分な出費は無くなるのと、一か月でどのくらいの出費をする予定だったのかも把握できて一石二鳥です。

 

そして余計な出費も抑えられ、貯金も貯まります。

 

私はこの3つの方法で月に10万以上は貯金できています。

支出は封筒仕分けで賢く管理【貯金のコツはダイエットと一緒】


nayamu_003

月々いくら貯金するぞ!と決めていてもなかなかうまくいかないのが現状です。

 

現状打破のために私が編み出したのは、お給料を初めに支出ごとに細かく分けていくというものです。

 

もちろん決めた貯金額はそのまま銀行へ預けてしまいます。

 

その後、家賃、食費、交際費、教育費、交通費、光熱費、とだいたい支出の目安がわかるものを分けます。

 

そして、ここからが私流なのですが、おやつ費、ごほう費(ご褒美)、救済費を少しづつ取り分けます。

 

さらに、食費はきっちり日割りし、毎日使っていい額をはっきりさせておきます。

 

例えば、毎日1000円なのに、今日1500円使ってしまった、という場合は次の日、500円しか使わない、

 

もしくは次の日、750円、その次の日も750円という具合です。

 

逆に、今日500円しか使わなければ、明日1500円、というように細かく貯金をしていけるのです。

 

この方法は、恐怖の節約リバウンドをしないための知恵です。

 

逆に少しづつ少しづつためていけば、給料日目前に豪遊できるという運びです。

 

どうしても予期しない出費があった場合は、その他の封筒で少し残っているものから助けてもらいます。

 

どうしてもどうしても、の時の救済費ですから安易に手は出しません。

 

でも毎日少しでも賢く使うだけで、明日、少しリッチになれるので、

 

毎日の節約が苦しく無くなり、銀行にあずけたお金が貯まっていくので楽しく続けることができます。

 

貯金のコツは、集中して行わないことです。

 

やる気が出てきて集中して行いたい気持ちはわかりますが、それだと長続きしません。

 

長続きしないと、貯金は成功しません。

 

女性の方でしたら馴染みのある「ダイエット」と照らし合わせるとわかりやすいと思います!

 

急なダイエットは、結局リバウンドして何を行っていたのかわからなくなってしまいます。

 

貯金も一緒です!

 

毎日、少しづつ行うのが、成功の秘訣です。

 

 

スポンサーリンク
人気記事トップ10