お金がない、欲しい! お金を貯める、借りる、投資する!

お金が無い!欲しい!貯める!稼ぐ!借りる!

【お金に関する知識】

お金が無い!欲しい!貯める!稼ぐ!借りる! » アーカイブ

簡単に利用できるキャッシングの注意すべき点

近年では、キャッシングを使う人が増加傾向にあります。

簡単に借りられるようになって、キャッシングの敷居が下がっています。

 

早くで、簡単で、気軽に借りられるところがキャッシングの利点であり、
銀行から借りるような面倒さがありません。

 

簡単にお金が借りられる弊害として、借金をしているという自覚が乏しくなることがあります。

 

クレジットカードでキャッシングをしていると、操作が簡単にできすぎて、
もともと自分のお金だったように思いがちです。

 

自分が預けていたお金を引き出しているだけという気持ちになってしまうという方も大勢いるようです。

 

お金借りる

 

注意すべき点として、このやり方では、融資を受けているという実感がわかないことがあります。

 

借りる時の実感が低いだけならまだしも、返済についての責任感や義務感も薄れてしまいがちです。

 

本来であれば、毎月の返済は重々気をつけて、支払う必要があります。

 

借金感覚が薄い借り方をしたために返済に関する切迫感や責任感が、
いまいちわきにくいという側面があります。

 

返済期日を見逃して、返済を滞らせてしまったという人も、いるといいます。

 

簡単に借りることができるからと気軽にキャッシングを使い続けていると、
返済日が近づいた時に返せるお金が手元になくて、返済を滞らせてしまうということになりかねません。

 

最近は、とても簡単にキャッシングが使えるようになりましたが、
うっかり借りすぎると多重債務状態に陥ってしまいます。

 

簡単な手続きでキャッシングができるとしても、返済ができなければ、
借りるべきではないということを、失念している人は多いようです。

 

簡単にキャッシングからの融資が受けられることから、ATMからどんどんお金を
おろせるのではないかと思ってしまう人もいます。

 

実際問題として、金融会社から借りたお金であるという事実は揺るぎません。

 

簡単にキャッシングができたとしても、返済までの見通しはきちんと立てましょう。

 

自分の未来のための貯金箱

なるべくクレジットカードは利用しない!

持っていると便利で手持ちがない時などにとっさに使ってしまう事がわかっているので、

 

カードは携帯料金引き落としとETC料金引き落としのためにしか使っていません。

 

ポイントが付いたりカードを使う事によって得をする場合も多いですが、

 

現金で買い物をしておつりで500円玉が来た場合は500円玉専用貯金箱に入れるようにしています。

 

昔とった杵柄!?現金は自分にセーブがかかる!

昔ギャンブルをしていた時に負けても500円、勝ったら入れれるだけ入れるように

 

500円玉貯金をしていたクセもあるのか、ついつい500円玉を財布に入れたまま

 

使わないでいるうちに財布が重たくなりますが、まとめて入れるのも貯金した感覚になるので好きです。

 

現金だと使った金額が財布の残金でその都度わかるので、

 

自分にセーブをかけられるようにあまり持ち歩かないようにしています。

 

外食を控えたら効果抜群!やはり食事の効果は大きかった!

 

また、月々の外食の回数を減らして自炊をするようにした結果、食費がかなり浮く事に気が付きました。

 

真面目に自炊を始めた事で仕事が不規則と言うのを言い訳にして、

 

自分がいかに楽をしてきたかお金の大切さが身に染みてわかりました。

 

500円玉の貯金箱が満タンになったら欲しい物を買いたいとかどこか旅行に行きたいと思いますが、

 

いざと言う時のために大事に取っておこうと思います。

 

 

クレジットカードでのキャッシングと消費者金融の違い

最近よく耳にする、消費者金融や、キャッシングという言葉には、どこか意味合いが異なるのでしょうか。

 

どちらも、現金を調達したい時にお金を借りるサービスであるという点では一致しています。

 

ただし、融資の申込み方法や、返済のスタイルが、違っています。

af9920055958

 

消費者金融の場合は、お金を借りる時に、返済のやり方について選ぶことが可能です。

 

コンビニからの振り込みもできますし、口座引き落としや、ATMからお金を入れるという形での返済もすることができるようです。

 

一方、キャッシングをクレジットカードで行えば、カードの決済時に支払いが発生します。

 

クレジットカードのキャッシングでは、ATMを介しての融資や返済を続けていると、借りたお金という感覚が薄れがちです。

 

貯金からお金を出しているように錯覚しやすいですが、キャッシング会社から借りた借金を返済しているという事実は忘れないようにしましょう。

 

申込みから融資までにかかる時間も、キャッシングと消費者金融とは違います。

 

クレジットカードは、審査をしてカードを郵送するまで数日待つ必要があります。

 

一方、消費者金融の場合は、手続きをしたその日にお金が借りられることもあります。

 

今すぐにでも現金を調達したいという人は、消費者金融を利用するといいかもしれません。

 

貸付時の金利にはあまり差はありませんが、消費者金融の方が、申込みをしにくく感じる人もいます。

 

キャッシングであれ、消費者金融であれ、自分のお金ではないことを自覚して、責任感を持って返済するように心がけましょう。

 

特にフリーローンは便利なので、困った時には助かります!

 

 

クレジットカードがおこずかい

私が初めて貯金するようになったのは18歳で免許を取った時からで、

車を買おうと決意したのがキッカケでした。

 

af0060018208

 

半強制で 貯金ができるよう定期預金を作り、無事貯金に成功し車を購入したのですが、それを機に少し貯金が好きになりました。

 

今では年齢的にお金の使い道も考えられるようになり無駄使いは減りましたが、逆に年相応の物を購入するようになり、元々買い物好きな自分は我慢しながらでも1度で使う額は昔に比べ大きくなっていきました。

 

しかし、アメリカに住んでいる今、いつ何が起きるかわからない状況の日本へいつでも帰れるくらいの余裕はなくてはならないと思っています。

 

アメリカに来て生活が落ち着くまでに、それまで貯めた貯金はほぼ使い込んでしまい貯金再スタートとなりましたが、アメリカに定期預金というシステムがあまり日常になく新たな貯金方法を考え今現在行っているのが、クレジットカードの限度額を決めそれ以外でのおこずかいは無くし全てカードで払っていく方法です。

 

家賃など絶対に出る出費を計算し給料からマイナス、月々貯めたい額を更にマイナス、残った額をカードの限度額に設定しておこずかいはそれのみにしています。

 

必然的にカードメインの生活にはなりますが、カードでポイントを貯めそれをマイレージへと変換しています。

それを始めてから約2年、今ではそれなりに年相応の貯金と余裕のある生活を送れています。

 




サーチ
テーマ
最近の投稿