お金がない、欲しい! お金を貯める、借りる、投資する!

お金が無い!欲しい!貯める!稼ぐ!借りる!

【お金に関する知識】

お金が無い!欲しい!貯める!稼ぐ!借りる! » アーカイブ

低金利のカードローンとは

カードローンを扱っている会社は、信販系銀行系消費者金融系と色々とあります。

 

低金利で融資を受けたいのであれば、クレジットカードを使ってのカードローン利用は、しないでおいたほうがいいでしょう。

af9970020498

 

消費者金融系と、信販系は、総量規制の枠内でのみ融資をすることができます。

 

総量規制は、年収の三分の一を越える金額を、一度に借りることを制限しているものです。

 

低金利で融資を受けることが難しい背景には、総量規制によって借入金額が制限されているために、金利を引き下げることができないことがあります。

 

一方、銀行系のカードローンは、総量規制に該当しないものもあります。

 

年収によっては、100万円以上金額を借りることも銀行系からは可能です。

 

 

銀行はお金に関することは安心して任せられるというイメージから、銀行からならお金を借りても安心と考える人もいるようです。

 

まとまった金額を借りる方が金利を低く抑えられるので、そこは借入限度額が大きい銀行系の強みでもあります。

 

手続きが煩雑で、審査が終わるまでの待機日数が長く、審査が厳しいという点が銀行系カードローンにはありますので、そこは理解しておきましょう。

 

 

低金利であれば、それに越したことはありませんが、幾らの融資を受けるかによって利息のつき方は変わりますので、その点は把握しておきましょう。

 

カードローンを銀行系の金融会社で利用した場合、消費者金融会社のカードローンと金利が大差ないこともありますので、要注意です。

 

あらかじめカードローンについて調べて、金利がどのくらいかは把握しておきましょう。

 

 

低金利のカードローンを選択する時は

最近では、多くの人がカードローンに申し込んで、借りたお金を使っているといいます。

 

カードローン融資を利用すれば、口座引き出しをするように、ATMから現金を出せるためです。

af9970044645

 

簡単な申込み手続きだけで、お金が手の中に転がり込んできますので、楽しい気持ちになる人もいます。

 

最近は、銀行にお金を預けたとしても、利息はほんのちょっとしかつきません。

 

いくら貯金をしても増えないので、喜びも感動もありません。

 

なのに、銀行や金融会社は、高い金利をつけて人にそのお金を貸しているのです。

 

 

カードローンを使った分だけ手数料は発生しています。

 

ATMからお金を引き出したり、送金する時にもお金はかかります。

 

今では、普通預金の金利は1%にもならないくらいしかつかず、残高が利息で増えることはほとんどありません。

 

これが、カードローンの融資では、金利18%の利息をつけて、返済をすることもあります。

 

金利の高いところは避けることが、カードローンを上手に使いこなすためには重要になります。

 

 

2週間以内に返済をすれば、金利0%で融資をしているというカードローンもありますので、おすすめです。

 

もしも、返済を2週間以内にできるなら、借りた金額をそのまま返済すればいいだけのカードローンは、非常に便利なものです。

 

満足のいくカードローン利用ができるように、各金融会社ごとの特色をしっかりと確認しておくといいでしょう。

 

 




サーチ
テーマ
最近の投稿